作文苦手な子供が絶対にやめたくないと言った教材

小学生の方の中には、なんとなく作文が苦手だな、と思っている人もいるのではないでしょうか。

うちの子供もそうでした。

作文が苦手だから、もちろん作文の勉強をするのも嫌いでした。

でも、ある作文学習用の教材だけは別だったんです。

ここでは、作文が苦手だったうちの子供を救ってくれた、作文の家庭学習教材のお話をしたいと思います。

作文が苦手な小学生

上にも書いたようにいま小学校高学年のうちの子供は、以前は作文が苦手でした。

夏休みなどの作文の宿題で、何を書いたらいいのか思いつくことができず、真っ白な原稿用紙を前に、1時間も固まっていた時もありました。

そしてしまいには、なみだをぽろぽろと…

書くべきことが決まっている時は、案外すらすら書けるのですが、自由に書く作文がとにかく苦手でした。

さまざまな対策を試す

なんとか作文が書けるようにしてあげたいと思い、いろいろ調べて、市販の教材などいくつも買ってみたりもしました。

語句や作文に関する問題集などは、子供は、あまりやりたがりませんでした。

書かなければ上達しないと思うので、がんばって取り組んでみてほしいと思う私と、苦手だからやりたくないという子供の、バトルになってしまうようなこともありましたね。

今思えば、そういうことをしていたら、ますます作文が嫌いになるに決まっていますよね。

ブンブンどりむをやってみると

作文の指導は、客観的にアドバイスをしてあげる必要があります。

親だからこそそれが難しいと気がつきました。そして、作文の指導は、作文指導専門の先生にお願いしたいと思うようになったのです。

作文の通信教育をネットで探してみると、ブンブンどりむという講座が見つかりました。

→公式サイト 小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」
 

ブンブンどりむという通信教育があるということは、それまで知りませんでしたが、サイトを見てみたら、なんだか良さそうなんですよね。

監修の齋藤孝先生は「イッキに読める!名作選」シリーズ等で知っていました。

ただ知識を詰め込むだけではなく、知識を応用して活用する力を重視するという理念も、なるほど~と思いました。

そしてちょうど、夏の2カ月お試しキャンペーンをやっていたので、夏休みだけならやれそうかなと、割と軽い気持ちで申し込んだことを覚えています。

絶対にやめたくない!

その後、やっぱり作文は家庭学習で補うべきだという思いが強くなり、4年生の時に再入会したんです。

子供はブンブンどりむの教材がとても好きで、届くと喜んで自分で封をあけ、テキストや付録のニュース雑誌をどんどん読んでいました。

テキストの問題も、最初のうちは親が教えながらやっていましたが、そのうち、いつのまにか自分でさっさとやってしまうようになりました。

5年生になる時に、公立中高一貫校の対策のため、別の通信教育に変えようかと子供に相談したのですが…

ブンブンどりむは絶対にやめたくない!

と子供が言い張ったのには、驚きもしましたし、うれしかったですね。この教材を選んで本当によかったな、と思いました。

が…じつはこの話にはオチがあって…

くわしくは私が運営しているメインサイトの方に書いていますので、よかったら読みにいってくださいね。

ブンブンどりむとZ会-小学生の通信教育を決めた理由は(家庭学習レシピ)

理由はともかく、うちの子供はブンブンどりむを続けることになり、この教材のおかげで作文嫌いをこじらせることなくすみました。

結局予算の都合もあり、5年生の終盤で、公立中高一貫校対策専門の作文のコースがある、Z会に変更したのですが…。それまでにブンブンどりむで作文の苦手意識がやわらいでいたおかげで、公立中高一貫対策の作文の勉強にも、スムーズに移行することができたんですよ。
 

ブンブンどりむ受講の効果

公立中高一貫校の適性検査は、作文が出るところが多く、うちの子の志望校でも作文の課題が出ます。

作文が苦手、というのは、公立中高一貫校を目指すにあたり致命的といっていいほど、不利なことなんです。

作文がかなり苦手だったうちの子供ですが、今は適性検査対策の作文の勉強に、なんとかついていっています。

時間内に、400字、600字といった長さの作文を、書けるようになっているんです。

真っ白な原稿用紙を前になみだをこぼしていた時からみたら、信じられないような成長です。

最後に

作文が苦手な子にとって、作文の勉強は苦痛です。

書けないから、つらい。つらいから、書かない。書かないから、書けないまま。

おそらくこんな、悪循環に陥ってしまうのでしょう。

うちはブンブンどりむが、子供の好みにぴったり合ったようで、ラッキーだったなと思っています。

気に入った教材に、楽しく取り組むことで、たくさん書く経験を積みました。少しずつ、少しずつ、書けるようになり、作文の苦手意識がだいぶ薄れてきたのだと思います。

作文が苦手なお子さんがいらしたら、ぜひ、ブンブンどりむを試してみてほしいと思います。

無料で、楽しい教材を手にとって確かめることができる体験キットは、ブンブンどりむの公式サイトから申し込むことができますよ。

資料請求をするとその後の勧誘がしつこい、なんていうことは、ブンブンどりむは全くありませんので、安心して体験キットをもらってくださいね。

↓無料の体験キットはこちらから!



ブンブンどりむ

Posted by shino